刺青除去は美容外科へ

入れ墨若い時は、お洒落やファッション感覚、精神性のシンボルなどの理由で、刺青・タトゥーを入れている方がいます。その後、年齢を重ねるうちに刺青を消したいと考えるケースが多く、除去する方が増えています。除去する理由としては、例えば結婚をするため相手の家族に知られたくない、結婚式のドレスを着た時に見えてしまう、就職のため、子供が生まれるため、別れた恋人の名前が入っているためなど、人生の転機によって除去したい場合や、温泉やサウナ、銭湯の入浴禁止、生命保険の加入ができない、子供を連れてプールや海に行けない、という日常生活を変えたい場合があります。また、入っているデザインの流行が古くなった、自由にファッションを楽しみたいなどファッション的な理由により、もとの何も入っていない体にしたいと後悔することもあります。

しかし、刺青・タトゥーは一度入れてしまうと半永久的に残ってしまいます。自然には消えてなくならないため、何らかの施術が必要になりますが、できるだけ色やデザインが残らず、傷跡がきれい、痛みが少ない、治療期間が短い、または、除去費用が高額にならないなどのメリットがある方法を選択したいものです。美容外科ではいくつかの方法で、除去後の跡をきれいに、自然な肌や形に見えるようにと施術してくれます。美容外科での刺青除去方法は4通りあり、レーザー治療、切除縫縮、削皮法、皮膚移植・植皮があります。当サイトでは美容外科による刺青・タトゥー除去の施術方法と特徴、その注意点について紹介いたします。