施術の注意点

タトゥーレーザー治療は、一般的に施術後の傷跡が一番きれいに仕上がり、痛みや皮膚のダメージが少ない方法ですが、刺青の状態によっては完全に消えない場合があります。黒色や青色は効果に期待が持てますが、それ以外の色ではあまり効果がなく、墨が肌の深くまで入っているものでは色を薄くすることができても完全に消すことができません。刺青の色や大きさ、範囲、形、肌に浸透している墨の深さなどの状態により、美容外科では勧められる施術方法が異なります

また、胸やお尻など女性の美しさを重要視とする部位の刺青では、切除手術をすることで形が崩れる可能性があります。例えば、片方の胸の刺青除去では、胸は柔らかいので乳輪や乳頭の位置が片方だけ上下し左右のバランスが崩れたり、お尻のカーブが崩れたり、刺青の紡錘形の切除方法により切除した部分が窪んだり突き出したりします。

また、刺青除去のきれいな仕上がりばかりとらわれず4つの方法により施術した後の副作用や後遺症などもきちんと理解したうえで施術の選択をしなければいけません。施術部分がケロイド状態になり、かゆみや痛み、皮膚のつっぱり感などが起きる可能性もあり、後々施術をして後悔しないために、専門医にきちんと相談や説明を受けておくことが大切です。


関連サイト<美容整形 札幌
└刺青やタトゥー除去に高い実績のある北海道のクリニックです。